読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

never enough

FF15がトゥーマッチでもネバーネバーイナフ

Too Much Is Never Enough 和訳 - Florence + the Machine

FF15のクリア後に見ることができるスタッフロールでは、メインテーマもStand by meも手掛けるFlorence + the Machineの「Too Much Is Never Enough」を聴くことができます。

 

このブログを作るにあったってタイトルにも引用させてもらった曲なのですが、歌詞を咀嚼してみるとStand by me以上にノクトの自分の運命や仲間たちへの想いが綴られた歌なのだなぁと思いました。

!ゲーム本編ストーリーの結末を踏まえた内容になっているのでご注意ください!

 

※下記の訳詞は1月にtwitterで投稿したものと同内容です

 

Too Much Is Never Enough  -- by Florence + the Machine

 

そして王冠は重く
瞼に強くのしかかるほど
覆いに隠れて幕を閉じても
一つだけ確かなことがあるんだ
哀しみと喜びのどこかで
年月が過ぎていくのを奇妙に感じた



高みから俺の運命を決めたのは誰だ?
もっと時間が欲しいんだって、言いたかったさ
夜のままだって構わないから
もう1日だけ歩んでいたいんだ


これでもかってほどの思い出を抱えても、満足なんかできない
これでもかってほどの思い出を抱えても、満足なんかできない
(繰り返し)
満足なんか、できねぇよ


俺たちが何者なのかってことは
お前らって最高の奴らが示してくれた
だって覆いに隠れて幕を閉じても
一つだけ確かなことがあるから
哀しみと喜びのどこかで
年月が過ぎていくのを奇妙に感じた


高みから俺の運命を決めたのは誰だ?
(いずれ、百の旗が原野にひるがえるんだろう)
もっと時間が欲しいんだって、言いたかったさ
(ある日突然、俺の手からこぼれていってしまったんだ)
夜のままだって構わないから
(いずれ、百の旗が原野にひるがえるんだろう)
もう1日だけこの命を歩んでいたいんだ
(ある日突然、俺の手からこぼれていってしまったんだ)


これでもかってほどの思い出を抱えても、満足なんかできない
(繰り返し)
満足なんか、できねぇよ



それで俺があの夜何をしたかなんて、誰も気に留めやしないんだろ?
だからなんだって言うんだ、ルーナなら答えを知ってるかな

俺が生きて戻ってくるかどうかなんて、どうだっていいだろ?
知るかよ、戦い抜く強さなら持ってるさ



これでもかってほどの思い出を抱えても、満足なんかできない
これでもかってほどの思い出を抱えても、満足なんかできない
(繰り返し)
満足なんか、できねぇよ

いずれ、百の旗が原野にひるがえるんだろう
(繰り返し)

ある日突然、俺の手からこぼれていってしまったんだ



ニュアンス訳多め🙇
英語圏の言い回しでカーテンの向こう=死後の世界を指すというのがあるので特にclosing the curtainsは胸に詰まるものがある気がします

ついでにノクトの母親の名前がアウライア=ラテン語でカーテンや天蓋を意味するAulaeaであることから、早くに死別した母の元でやっと安らかな眠りにつける…といったニュアンスもあるのかなと思いました

物語自体の幕引きも思わせますよね


百の旗が〜は自分の成したことが栄光と共に語られることもあるかもしれないけど、的に受け取りました
ルーナの名前を出して答えを求めてるのも戦友感あっていいな

ノクトの運命を背負わされても前に進む強さと、それでも抱えたままの不安と寂しさが込められた歌詞なのかなぁと思いました

 


iTunes Storeで、Stand by meとI will beも入って3曲500円だぞ〜!

FF15のサントラには収録されていないので配信でしか聴けません
iTunes - Songs from Final Fantasy XV , Florence + the Machine


And the crown it weighs heavy
'Till it's banging on my eyelids
Retreating in covers and closing the curtains
One thing's for certain, oh
A year like this passes so strangely
Somewhere between sorrow and bliss

Oh, who decides from where up high?
I couldn't say I need more time
Oh, grant that I can stay the night
Or one more day inside this life

Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never, never, never enough

Oh, you wondrous creature
Coming up who we are
'Cause I'm retreating in covers and closing the curtains
One thing's for certain, oh
A year like this passes so strangely
Somewhere between sorrow and bliss

And who decides from where up high (one other year, a hundred flags flying in a field)
I couldn't say I need more time (one day, felt it let go of me)
Oh, grant that I can stay the night (one other year, a hundred flags flying in a field)
Or one more day inside this life (one day, felt it let go of me)

Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never, never, never enough

And who cares about the thing I did that night?
So what, maybe Luna had it right
And who cares if I'm coming back alive?
So what, 'least I have the strength to fight

Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never enough
Too much, too much, too much, too much, too much
Never, never, never enough

One other year, a hundred flags flying in a field
One day, felt it let go of me
One other year, a hundred flags flying in a field
One day, felt it let go of me
A hundred flags flying in a field
One day, felt it let go of me
One other year, a hundred flags flying in a field
One day, felt it let go of me

歌詞引用 Google Play Music https://goo.gl/91iXYE